春休み早々、二人そろって大目玉!

今日2度目の更新です。
『ボン』の春休みが始まって2日目です。

昨日は春休み初日で、家庭学習をひととおり終わったら『ガー』と一緒にゲーム三昧でした。(^_^;)
あまりにひどい状況で、『ボン』『ガー』には、『グー』の雷が落ちました。

夜遅くなって「進研ゼミプラス小学講座」を始めたため、集中力がなく苦手な国語でだれてしまい、夜遅くまでゲームをしているからこうなるんだと『ボン』『ガー』の二人をしかりつけました。
『スー』は具合が悪く、早めの就寝。『グー』は最近始めた自宅での仕事に追われいらいらが募るばかり。(^_^;)
疲れたうえに、『ガー』は一向にひらがなを覚えず爆発してしまいました。(^^;)
気長に教えなければいけないのは分かるのですが、昨日はさすがに疲れ果てていたため、大爆発をしてしまいました。
『ガー』は泣きべそをかきながら、しかし勉強はやめることなく、結局、自分で決めたページ数を終わらせていました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

国語のつまづいた学年が判明しました!

さて、『ボン』なのですが、小学校に戻って長文読解力の養成を試みています。
昨日の午前中に、小学校の時に買って全然手つかずの問題集をやらせてみました。
そしたら、正答率が6割しかなく、これはまずいとなり急遽『ボン』を引き連れ書店へ向かいました。
ちなみに、午前中にやった問題集は以前、算数の問題集を紹介した「中学入試 解き方上手シリーズ」の国語長文編をやりました。
本当は、この受験研究社の問題集2冊を春休み中にきっちりする予定でしたが、いかんせん正答率が低すぎました。(^_^;)

 

どこの学年で躓いたのか、本人を書店に連れて行かないと分からないため、『ボン』を引き連れて書店に向かったわけです。
まずは書店で小学5年生の問題集を解かせてみました。
数ページ解かせてみたところ正答率が6割強でした。
あれ?もしかしてもっと下の学年からやり直さなければいけないの?と思ったのですが、試しに今度は小学6年生の問題集を解かせてみました。
そうすると、悩み続けること数10分、正答率はもっと落ちてしまい、あげくに難しいと言うではないですか。(^_^;)
それではと思い、小学3年生の問題まで一気に落として問題を解かせてみたところ、すらすらと全問正解しました。
では、小学4年生の問題はどうだ!と『ボン』に解かせてみたところ、正答率が8割ぐらいで解くことが出来ました。
どうやら、小学4年生でつまづいていたようです。(^_^;)

学年をさかのぼって問題を解き読解力を身に着ける

過去にさかのぼって、正答率が8割ぐらいまでの問題集から取りかかると、その後の問題集の飲み込みが早くなります。
書店で1時間以上問題集と格闘してきましたが、『ボン』の場合は小学4年生でつまづいたことが分かりました。
というわけで、小学4年生の問題集を購入してきました。

以前、小学5年生の時に長文が苦手で、過去にさかのぼって学習をさせようと試みたことがありました。しかしその時は、『ボン』を書店へ連れていって、試しに小学2年生用の問題集を購入。やらせてみたら、案外すらすら解けていたので、それっきりこれっきり復習をさせていませんでした。

その後の、ちょうどフォローをしていない小学4年のところでつまづいていたんですね。
今後は小学4年生の問題が解けるようになったら、次は小学5年生の問題を、それが終わったらその次は小学6年生の問題集へと難易度をあげていく予定です。

春休みにどこまでこなせるか分かりませんが、しかっかりと出来るようになるまで繰り返してやる予定です。
ちなみに購入した問題集はやはり受験研究社の問題集です。