こんちには。大変ご無沙汰していました。
ぐーたらな父親『グー』です。

『ボン』は早くも高校受験の対策に追われる時期になりました。
しか~し、サイトの更新を中学2年生からほとんどしていませんでした。(^_^;)

そこで、『ボン』が中学2年生でどのような様子であったか、さかのぼって話をします。

中1の勉強方法は詰め込み型で成果をだす

現在の『ボン』の志望校は、本人で県内のトップ校に入るという望みがあり、これは1年生のころから変わっていません。^^;

中学1年の頃は、まだ受験がどういったものなのか本人もよく分かっていなかったため、『グー』の全面協力のもと定期テスト対策をしていました。

しかし、いつまでも『グー』の力を頼っていては、『ボン』の力は伸びません。
そこで、思い切って、中学2年生からは勉強方法を切り替える決断をしました。

自分なりに勉強方法を模索

中学2年生になってからは、思い切って『ボン』に勉強を任せました。中学3年で任せるのもおっかなかったため、大事な中2の時期なのですが、『ボン』が自分自身で勉強ができるように勉強スタイルを変更しました。

しか~し、これが裏目に出て、2年生の成績は右肩下がり・・・(-_-;)
3学期の最後には、志望校すら怪しいのではないかと思われる成績まで落ち込みました。

中2の勉強のやり方

まず、勉強の方法を変えた理由に、ベネッセの進研ゼミが変わったことがあります。2016年より前の進研ゼミは、毎月行う教材が郵送されてくるのですが、2016年から4月に一括で教材が郵送されてくるようになりました。

そして、自分自身で計画的に勉強をするスタイルになったのです。これがくせ者で『ボン』は自分で計画を立てて勉強をするのがとても苦手なタイプです。
そこで、教材がたまりにたまって、小学生の頃からやっていた進研ゼミをやめることになりました。そこで登場したのがジャストシステムの「スマイルゼミ」です。

ちょうど『ガー』も、「進研ゼミ」をしていたのですが、やはり教材がたまるということを、『ボン』よりも早い時期に見られたため、「スマイルゼミ」に変更していました。
その効果が『ガー』には見られたため、『ボン』も「スマイルゼミ」に変更したのです。

そして、やはりいずれは『ボン』がひとりで勉強をできなくてはいけないと言うことを見越さなければいけなかったこと。
そのため、思い切って中学2年生は『ボン』に勉強の方法を、一切に任せることにしました。このことは、追々話をしていきます。

中2になっての勉強時間と成績

中2になって、勉強時間は目に見えるほど少なくなっているのが分かりました。そのためか、定期テストはだだ下がり。成績は一向に歯止めがきかず、下がる一方でした。(-_-;)

1年通して『ボン』に任せて、勉強をさせたのですが一向にあがる気配がなく、結局3学期を終えてしまいました。
最終的に内申点が『35』で、志望校にカラータイマーがついてしまうという有様で、『ボン』もことの重大さにやっと気がついたという散々な1年でした。

中3になって本人の自覚が出る

さて、中2では散々であった『ボン』ですが、中3でやっと自覚が出てきて、巻き返しを図っているところです。

2学期が始まる前になんとか、取り返しのつくところまで来たものの、あとは2学期の成績次第で志望校のレベルまで達成できるかとギリギリのラインでいます。
これから、受験に向けて2年生を振り返ると同時に、今後の『ボン』の様子を伝えていきたいと思います!